1. ホーム
  2. 小熊秀雄について

小熊秀雄について

小熊秀雄(おぐま・ひでお)

若き日の秀雄1901年(明治34年)~1940年(昭和15年)
北海道小樽生まれ。
早くに母を失い幼少期からさまざまな職業をへて成長。21歳の時に姉のツテで旭川新聞社に採用される。やがて文才を発揮して、文芸欄に詩や絵を発表。27歳の時に上京して豊島区長崎町に住む。長編叙事詩集「飛ぶ橇」で詩人としての地位を確立。自由や理想を奔放に歌い上げる作風で、言論弾圧が厳しくなり沈滞していた詩壇に新風を送った。また、さまざまな芸術家が住んでいた池袋長崎町周辺を「池袋モンパルナス」と命名し、無名の芸術家たちの自由な解放区を育てたことでも知られている。

参考サイト